部屋が広く見える家具の選び方

バナー

部屋が広く見える家具の選び方

家具を選ぶ際に少しでも部屋を広く見せたいと考える方は多いでしょう。


また、今ある家具をどのように配置したら部屋が広く見えるかお悩みの方もいるかもしれません。


部屋が広く見える選び方や置き方を考えてみましょう。まず、これから選ぶ場合ですが、ポイントは高さと色です。
部屋が狭いと、つい収納力のある背の高い棚やタンスを選んでしまいがちですが、背の高いものは視線をさえぎり圧迫感を感じさせる要因となるためなるべく避けた方が良いでしょう。
家具の高さが低ければ低いほど部屋は広く感じられるため、広さを感じさせることを最優先するのであれば、椅子やソファも避け、床に座布団や座椅子、ローソファなどを置いて床に座って生活するスタイルをおすすめします。

次に色です。

膨張色と収縮色という色の区分けを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

横浜の家具の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

膨張色とはそのものが広がって見える色で代表的な色は白です。

収縮色は縮んで見える色で代表色は黒です。
白い壁の部屋は広く見え、黒い壁の部屋はせまく見えます。

家具も、白に近い薄い色のほうが空間は広く見え、黒に近い濃い色は空間を狭く見せます。

また、棚などは白に近い色を選んで壁の色と同化させると、棚自体の存在感を薄くすることができるためより一層部屋が広く見えます。
最後に、配置の仕方ですが、コツはそれぞれのアイテムを置く際になるべく空間をでこぼこさせないことです。

例えば、机と棚がある時、別々の壁面に沿って置くのではなく横に並べて正面のラインが揃うように置くことで、ひとつの家具のような印象に見せることができ全体的にすっきり広い印象になります。



ちょっとしたコツですがこれらを実践することで部屋を実際より広く見せることができるはずです。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。